HUMMINGBIRD.STYLE

(*´∀`)好きなことをテキトーに書く予定!基本はデジモノ、時々気まぐれ…

【(*´∀`)行ってきた】鍋ヶ滝@熊本【阿蘇郡小国町】

スポンサーリンク

f:id:nishige0830:20170814002418j:plain

(*´∀`)はいはい、また滝に行ってきた。

(*´∀`)前に行った滝は、阿蘇西原村にある白糸の滝。

www.hummingbird.style

(*´∀`)今回行ったのは熊本県は阿蘇郡、小国町にある鍋ヶ滝!

(*´∀`)では鍋ヶ滝のご紹介!

滝の落差は約10mと規模は小さいですが、幅は約20mあり、カーテンのように幅広く落ちる水が木漏れ日に照らされる様子は、とても優美で神秘的です。

阿蘇のカルデラをつくった約9万年前の巨大噴火でできたとされるこの滝は、長い年月をかけて現在の形になりました。

滝上部の固い岩盤や滝裏のやわらかい地層は、今も浸食等を繰り返し、少しずつ形を変えています。

春には期間限定で滝を裏側からライトアップするイベントが開催されます。

www.town.kumamoto-oguni.lg.jp

(*´∀`)との事でございます。

場所

Google マップ

(*´∀`)住所で言うと、熊本県阿蘇郡小国町大字黒渕4101

(*´∀`)鍋ヶ滝公園という公園内に鍋ヶ滝がありんす。

(*´∀`)入場料が1人200円掛かります。

(*´∀`)繁忙期は、近くの廃校になった小学校に車停めてシャトルバスで公園まで行くことになるので注意ね!

(*´∀`)小学校からのピストンになる場合は、警備員さんが立っているからスグに分かると思うよ!

 

裏見の滝

(*´∀`)Wiki先生に載っている情報を見ると…。

裏見の滝の代表例として知られる。滝の規模の割に、滝裏の空間が広い。 決して規模の大きな滝とは言えないが、優美なその姿にアクセスの良さが相俟って、好被写体として人気がある。テレビCM(生茶)のロケ地としても使用される[1]など、知名度も高い。

鍋ヶ滝 - Wikipedia

(*´∀`)だって。

(*´∀`)トイウコトデ…、この滝は裏から見ることが出来る!

f:id:nishige0830:20170814005543j:plain

(*´∀`)ここで注意!

(*´∀`)滝の裏だから地面はシットシト…、滝からも滝裏の天井からも水飛沫が降ってくる…。

(*´∀`)濡れても良い服着て、足場も悪いからスニーカーとかの方がイイよ!

f:id:nishige0830:20170815211429j:plain

(*´∀`)この滝に着くまでも急な階段とか足場の悪い所もあるから基本は歩きやすい靴で!

(*´∀`)前を歩いて人はヒールの高いサンダル履いてたけど歩き難そうだったし、見てても危なそうだった…。

(*´∀`)水の中に入っている人もいて、そういう人はクロックスとか履いてた。

(*´∀`)あと夏休みってこともあるけど見学する人は多かったよ。

(*´∀`)写真にもいっぱい見学している人が写ってるでしょ。

(*´∀`)ゆっくり見たいのなら朝早くのほうがイイカモね。

(*´∀`)ちなみに開園時間は9:00からだよ。

f:id:nishige0830:20170814010356j:plain

f:id:nishige0830:20170814010402j:plain

(*´∀`)生茶のCMで使われている位なので、すごくキレイな滝だよ!

(*´∀`)暇があったら行ってみて!

(*´∀`)今日はイジョ!