HUMMINGBIRD.STYLE

HUMMINGBIRD.STYLE

(*´∀`)好きなことをテキトーに書く予定!基本はデジモノ、時々気まぐれ…

【最強中華スマホ】OnePlus 6(ワンプラス 6)【フラッグシップキラー】

スポンサーリンク

f:id:nishige0830:20180521000229j:plain

www.oneplus.com

(*´∀`)OnePlus(ワンプラス)の2018年モデル、OnePlus 6(ワンプラス 6)が登場。

(*´∀`)中華スマホでは高価格帯に当たる$500以上のプライスタグが付くけど、端末の基本スペックは他社の$1,000台のスマホと同等と言うコストパフォーマンスの良さから付けられたフラッグシップキラーの名は、OnePlus 6(ワンプラス 6)でも健在!

(*´∀`)実は価格は少し高くなっちゃったんだけどね…。

(*´∀`)他社のフラッグシップ機も値上がり傾向にあるので、まぁセーフかな…。

基本スペック

f:id:nishige0830:20180522215743p:plain

f:id:nishige0830:20180520233217p:plain

(*´∀`)SoC(CPU)にはQualcomm(クアルコム)の最新チップセット、SnapDragon 845(スナップドラゴン 845)を採用。

(*´∀`)内部メモリは、6GB又は8GB。

(*´∀`)内部ストレージ容量は64GB(内部メモリ6GB)、128GB・256GB(内部メモリ8GB)の3種類。

(*´∀`)OnePlus(ワンプラス)の特徴として外部メモリ(microSD【マイクロSD】)には非対応なので、ストレージ容量は余裕を持って選んでおいたほうが後々、後悔が無いよ。

(*´∀`)ディスプレイは6.28inch(インチ)のAMOLED(有機EL)ディスプレイ。

(*´∀`)ディスプレイアスペクト比は19:9で解像度はFHD相当(2,280 * 1,080)。

(*´∀`)他社フラッグシップ機の解像度が2Kとか4Kである事を考えると、解像度の低さはOnePlus(ワンプラス)の少ない弱点の一つかもしれない。

(*´∀`)ディスプレイスクリーンには、ゴリラガラス5を採用。

(*´∀`)OnePlus 6(ワンプラス 6)では、背面もガラスバックを採用していてこちらもゴリラガラス5。

(*´∀`)バッテリー容量は3,300mAh(ミリアンペアアワー)。

(*´∀`)ワイヤレス充電には残念なら非対応。

(*´∀`)3.5mmイヤホンジャック搭載しているのも最近のスマホとしては珍しいね。

(*´∀`)OSはAndroid 8.0(アンドロイド 8.0)ベースのカスタマイズOS、OxygenOS(オキシゲンOS)を採用。

(*´∀`)DSDS(デュアルシム・デュアルスタンバイ)に対応していて、SIMは両方共NanoSIM(ナノシム)になるよ。

(*´∀`)端末自体は、生活防水には対応しているけど本格的な防水機能は搭載されていないので、あまり神経質になる必要はないけど、水回りで使う時は注意してね。

(*´∀`)その他機能としてはNFC対応。

(*´∀`)位置情報取得のため、GPS、GLONASS(ロシア版GPS)、BeiDou(中国版GPS)、Galileo(EU版GPS)の測位システムに対応。

(*´∀`)日本版GPS(準天頂衛星)みちびきには残念ながら未対応…。

 

カメラ機能

(*´∀`)リアのメインカメラはメインセンサー1,600万画(SONY IMX 519)、セカンダリセンサー2,000万画素(SONY IMX 376K)のデュアルモジュール仕様。

(*´∀`)メインセンサーはOIS(光学れブレ補正)とEIS(電子レブレ補正)の両方を内蔵。

(*´∀`)フロントカメラは、1600万画素(SONY IMX 371)だよ。

(*´∀`)搭載されているカメラモジュールはハイスペックだけど、今流行のカメラAI機能などは特に付いていないので、自分で設定値弄りながらキレイな写真を採りたい人向けの機種だね。

(*´∀`)何枚かサンプル画像を貼っておくよ。

f:id:nishige0830:20180522222903j:plain

f:id:nishige0830:20180522222908j:plain

f:id:nishige0830:20180522222910j:plain

f:id:nishige0830:20180522222913j:plain

f:id:nishige0830:20180522222928j:plain

f:id:nishige0830:20180521000326j:plain

f:id:nishige0830:20180521000331j:plain

f:id:nishige0830:20180521000323j:plain

 

端末カラーと価格

f:id:nishige0830:20180522223053j:plain

(*´∀`)展開される端末カラーは、左からミッドナイトブラック、ミラーブラック、シルクホワイトの3色。

(*´∀`)アメリカでの価格は内部メモリ6GB(内部ストレージ容量64GB)が$529。

(*´∀`)内部メモリ8GB(内部ストレージ容量128GB)が$579。

(*´∀`)内部メモリ8GB(内部ストレージ容量258GB)が$629。

(*´∀`)OnePlus(ワンプラス)公式サイトは日本発送に対応していないため、公式サイトからの直接購入は難しそう…。

(*´∀`)購入を希望する場合は、GEARBEST(ギアベスト)などの中華ECサイトからの購入が良いかと思われます。

www.gearbest.com

www.gearbest.com

www.gearbest.com

(*´∀`)現在のGEARBEST(ギアベスト)での最新の販売価格が知りたい方はこちらの記事にて紹介しております!

www.hummingbird.style

(*´∀`)本日いじょ!